RYOSUKE HARASHIMA

installation project
SEE IT AS IT IS

INSTAGRAM

(日本語は1つ前の投稿に)
Exhibition 
【A New Polite of KOGEI】
1 Jun - 31 Jul, 11:00-19:00

Gallery Talk:
1 Jun, 13:00
Guest/ Hiroki Yamamoto (cultural researcher)

Location:
KOGEI Art Gallery Ginza no Kanazawa 1F
 ( 5-1-8 Ginza MS Bldg, Ginza Chuo-ku, Tokyo)
ginzanokanazawa1f

Artists:
Hirotake Imanishi / Ceramic hirotake_imanishi
Chikage Kakehi / Lacquer chiccoro_uru
Satoshi Nariyama / Bamboo chiritsumo.sts
Ken Nogichi / Lacque ken__noguchi
Kazuma Tominaga / Glass tominagakazuma

Direction, Furniture design:
Ryosuke Harashima kanazawacraft_kogei

photo: Daisuke Yoshio dyoshio 

We are pleased to announce an art exhibition at KOGEI Art Gallery Ginza no Kanazawa, which was relocated and renewed this March. In addition to the collaborative works of the Kogei-Furniture Project that started last May, you will be able to see the works of five artists. The exhibition will run for two months, so please stop by.

Statement:
‘Is it a tool for daily life or an inherent object?’ 
  This KOGEI furniture project explores a new destination of KOGEI, unbound by the conventional domain, and allows us to experience a new appealing essence of the domain of KOGEI. Each piece enables us to feel the touch of hands left by and the humanity of each artist, as well as the intrinsic ambiance of the work itself. It fascinates us without knowing the artist, yet knowing the artist adds a greater depth of understanding. I believe that the “story” inherited in KOGEI is presented by the power of the human senses. 
  By nature, human beings continue to develop their abilities and create various spaces by crafting “tools.” I hope to present the creation of a new space through KOGEI and extend its domain.

#kogei #urushi #ceramic #glass #bamboo #contemporarycraft #contemporaryart #japan #kanazawa #ginza
(English is on next post)
企画展のお知らせ
【A New Polite of KOGEI -工芸の新たな礼節-】
6月1日(土)ー7月31日(水), 11:00-19:00

ギャラリートーク:
6月1日(土), 13:00-
ゲスト/山本浩貴(文化研究者)

会場:
KOGEI Art Gallery 銀座の金沢 1F
(東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビル)
ginzanokanazawa1f

作家:
今西泰赳/陶芸 hirotake_imanishi
筧智景 /漆芸 chiccoro_uru
成山悟司/竹 chiritsumo.sts
野口健 /漆芸 ken__noguchi
富永一真/ガラス tominagakazuma

ディレクション、家具デザイン:
原嶋亮輔、金沢クラフトビジネス創造機構 kanazawacraft_kogei

photo:吉尾大輔 dyoshio 

今年3月に移転リニューアルした「KOGEI Art Gallery 銀座の金沢」にて企画展のお知らせです。去年5月から始まった工芸×家具プロジェクトのコラボレーション作品に加え、作家5名の作品もご覧いただけます。会期は2ヶ月と長期間です、皆様是非お立ち寄りください。

ステートメント:
「生活の道具なのか、はたまたモノそのものなのか」 
領域に囚われることのない、工芸の新しい着地点を探る家具プロジェクトを通して、改めて工芸 という領域の面白さを体感することになりました。作品そのものに宿る趣にかかわらず、やはり 誰かが生み出したという手の感触、その作家の人間性がそれぞれの作品から感じられます。作家 を知らずとも感じる魅力。作家を知ることでより引き出される奥行き。工芸の持つ「物語性」は、 つまりは人間が発することのできる感性の力なのではないかと思います。 人は「道具」を作ることでその能力を拡張し、さまざまな空間を創造し続ける生き物です。 今、工芸をもって新しい空間の創造を提案し、新たな領域を拡張していきたいと考えます。

#銀座の金沢 #工芸 #家具 #金沢クラフトビジネス創造機構
#漆芸 #陶芸 #竹工芸 #ガラス
【work review】
2023年9-11月[展示空間・什器デザイン]
Sep to Nov, 2023

展覧会空間の設計デザインは中川俊之建築設計事務所との協同で行い、建築空間に馴染みながらも資料展示としての迫力や、展示動線を意識した空間設計を実現できました。

什器においても寺院空間に溶け込みつつ現代性を纏った、アーカイブ展示であることを感じるしつらえを重視した設計を意図したものに仕上げることができました。
掛け軸を両面から観覧できる特別な什器設計は、関係者一同の「新しい視点を提供したい」という挑戦的な試みに対する感度の高い理解によって実現できた什器デザインです。

Exhibition design
for
YUKARI – People Who Made History
Shōkō-ji Temple Exhibition

Space and Fixture design: Ryosuke Harashima + Toshiyuki Nakagawa toshiyuki_nakagawa_architects 
Photo: Mitsuyuki Nakajima mitsu_nakajima
Planning and Academic produce: AMANE. LLC
Client: Executive Committee for Shōkō-ji Temple Exhibition
Special Thanks: Wakabayashi Butsugu Mfg wakabayashibutsugu

#shokojitemple #toyama #exhibitiondesign #japan
#勝興寺 #学術 #展示デザイン
【work review】
2023年9-11月[寺院撮影]
Sep to Nov, 2023

富山県高岡市にある雲龍山勝興寺は、重要文化財10棟の建造物を含む多くの文化財を有することで知られ、500年以上の歴史を持つ浄土真宗本願寺派の仏教寺院。
令和4年12月に「本堂」と「大広間及び式台」の2棟が国宝指定になり、中でも国宝の本堂は、西本願寺の阿弥陀堂を模して寛政7年(1795)に建立された浄土真宗を代表する大型の木造建築物です。
撮影に際しては、木造建築としての日本の木彫・大工文化の奥深さを感じられるディテールを抽出することを意識しました。

Photo shooting
for
YUKARI – People Who Made History
Shōkō-ji Temple Exhibition

Photo direction: Ryosuke Harashima
Photo: Mitsuyuki Nakajima mitsu_nakajima
Client: Executive Committee for Shōkō-ji Temple Exhibition

#shokojitemple #toyama #exhibitiondesign #japan
#勝興寺 #撮影
【Work review】
2023年9-11月[展覧会ディレクション]
Sep to Nov, 2023

2023年9月からの約2ヶ月間、富山県高岡市にある雲龍山勝興寺で「本堂」「大広間及び式台」が国宝指定されたことを背景に歴史や文化的価値にスポットをあてた“縁YUKARI”をテーマに、大規模な展覧会が行われました。
長い歴史の中で勝興寺が築いた関係性に注目し、それぞれに関連する資料展示を寺院空間で行うという挑戦的な試みで、学術研究・調査を民間で受託する合同会社AMANEと共同のもと、展覧会クリエイティブディレクションからグラフィックデザイン、空間デザインまでを担当しました。

Main visual, Poster, Ticket, Newspaper advertisement and Exhibition catalogue
for
YUKARI – People Who Made History
Shōkō-ji Temple Exhibition

CD, AD and Graphic: Ryosuke Harashima
Editing: AMANE. LLC
photo: Mitsuyuki Nakajima mitsu_nakajima
Printing: Noto Printing Corporation
Client: Executive Committee for Shōkō-ji Temple Exhibition

#shokojitemple #toyama #graphicdesign #artdirection 
#勝興寺 #展示デザイン